ActiveXperts Network Monitor 2022をリリースしました

ActiveXperts Network Monitor 2022をリリースしました。詳細に関しては、こちらのリリースノートをご覧ください。

ActiveXperts Network Monitor 2022 は、ActiveXperts Network Monitor 製品の最新版です。本製品のミッションは、問題や異常の自動検出と自動修正を通じて、本番サーバーやアプリケーションの信頼性を最大化することで、 Windows 2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/11/10/8/7 のプラットフォーム上でサービスとして動作します。

ActiveXperts Network Monitor 2022は、以下のサイトから試用版のダウンロードができます。またこの試用版は、15チェックまでであれば機能制限なく、継続的に無償でご利用いただけます。是非、お試しください。

CompleteFTP 22.0をリリースしました

CompleteFTP 22.0が2月1日にリリースされました。今回のリリースの重要な変更点は、CompleteFTPが64ビットのWindowsアプリケーションになったことです(32ビットのWindows上では動作しません)。また、64ビットアプリケーションの実行ファイルはWindowsの32ビット実行ファイルと異なるディレクトリにあるため、ファイアウォールのルールを更新する必要がある場合があります。ディスク上の場所によって CompleteFTP のアクセスを許可するファイアウォールでは、 C:\Program Files (x86) ではなく、C:\Program Files を使用する必要があります。64ビットアプリケーションのため、以前のバージョンよりも多くのメモリーを使用しています。

その他、22.0では多くの変更と修正を行いました。インストーラは、アップグレードプロセスの一部としてアンインストーラを実行するよう強制することはなくなりました。また、設定用のデータベースは、SQL Server CompactからSQLiteに変更しました。これは、EOLになったデータベースへの依存をなくし、将来的にCompleteFTPが他のプラットフォームで動作するようにするための環境準備にもなります。

FTPとFTPSについては、ホワイトリスト化されたIPアドレスからのデータ接続を受け入れる機能が追加されました。これにより、Azureファイアウォールを含む、SNATの使用を必要とするアクティブ/アクティブ ファイアウォールの内側で、CompleteFTPを動作させることができます。また、FTPの不明なコマンドの処理も改善されました。FTPSでは、PCI DSSの要件に準拠していないTLSの楕円曲線(暗号)を無効にしました。

SFTP と SSH について、新しい OpenSSH 秘密鍵フォーマットのサポートと、PuTTY フォーマットの ECDSA 秘密鍵のサポートを追加しました。また、特定のマシンで PVK 形式の秘密鍵ファイルを開くことができない問題を修正しました。

その他の変更点としては、ファイルマネージャにおける iOS サポートの改善、Standard Edition への高度な権限モデルの追加、ファイル名フィルタにおける正規表現のサポート(’regex:’ 接頭辞を使用)などを行いました。

CompleteFTP 22.0 は、全ての機能を30日間お試しいただけます。試用版のダウンロードは、こちらをご覧ください。

SoftActivity、Windows 11とWindows Server 2022に対応したバージョン12.7をリリースしました

内部脅威の検知や従業員の生産性追跡に利用されているユーザ監視ソフトウェア「SoftActivity Monitor」と「TS Monitor」の新バージョン12.7をリリースしました。

SoftActivity Monitorでは、Windows 11とWindows Server 2022のサポートを追加しています。エージェント・クライアントとモニタ・ソフトを、Windows 7以降のすべてのバージョンのWindowsにインストールすることができます。

SoftActivity TS Monitor では、Windows Server 2022 のサポートを追加しました。Windows Server 2008 R2 以降のすべてのバージョンの Windows Server でユーザセッションを記録できるようになりました。

(*) バージョン 12.7 のその他の変更点

  • エージェント (SoftActivity Monitor Client App) のセットアップ プログラムは、UI にオプションと説明が追加され、より直感的に操作できるようになりました。これにより、管理者は、画面上に警告を表示して、監視対象のユーザに対してエージェントを警告(可視)モードでインストールすることができます。画面上の警告は、管理者がモニターアプリからオン/オフを切り替えることができます。
  • コマンドラインからのサイレントインストールやリモートインストールも引き続きサポートされており、エージェントを隠しモードでインストールすることができます。
  • 最新のウェブブラウザのサポートを含む、細かな修正や改善を行いました。

CompleteFTPの販売を開始しました

オーストラリアにあるEnterpriseDT社のWindows用ファイル共有ソフトウェア「CompleteFTP」の販売を開始しました。

CompleteFTPは、Windows用の FTP/MFT サーバソフトウェア製品で、従来のFTPサーバとして必要な多くの機能に加え、柔軟性に富んだファイル転送、ファイル共有の機能をサポートします。無償版から大規模ユーザ向けのエンタープライズ版まで、4種類のライセンス体系を用意しています。

CompleteFTPは、昨今のリモートワーク環境下において、ブラウザベースのファイル転送、BOXスタイルのクライアント・アプリケーション、ワンクリックでのファイル共有などの機能により、安全かつ簡単なファイル共有をサポートします。また、サイズの大きいファイルの送受信だけでなく、リモート社員や外部メンバーを含めたプロジェクトでのファイルの一元管理や、特定相手へのセキュアなファイル送信などの環境を提供します。

詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください。
https://www.enterprisedt.jp/

SoftActivity Monitor 12.5 をリリースしました

端末監視ソフトウェアの SoftActivity Monitorの最新バージョン12.5 をリリースしました。このアップデートは、すべてのお客様にお勧めします。

バージョン 12.5 の新機能は以下の通りです。

  • [ウェブコンソール] 従業員の生産性を推定するために、以下の情報をAttendance 情報に追加しました。(PDF出力およびEメールレポートにも追加)
    • 毎日のアイドル時間(ユーザがログインしているが、非アクティブの場合)
    • アイドル率
    • 入力されたキーストロークの数
    • 1時間あたりの平均キーストローク率
  • [ウェブコンソール] Attendance レポートの出力:2つの日付ではなく、過去7日間などの標準的な日程範囲を選択可能になりました。
  • 修正:[ウェブコンソール] ダッシュボードをPDF出力すると、画面上と同じ数のレコードを表示。以前は常に10件でした。
  • 修正:[ウェブコンソール] AttendanceをCSV形式で出力すると、一部のレコードで日付と時刻のフォーマットが正しくありませんでした。
  • 修正:サーバー上の古いログのクリーンアップに失敗することがありました。
  • 修正:PowerShell スクリプトによるリモートエージェントのインストールに失敗することがありました。
  • 修正:Agentを更新するときに、最後にWindowsの再起動が必要になることがありました。
  • AgentをリモートでインストールおよびアンインストールするためのPowershell スクリプトを改良しました。Agent\install-agent-remotely.ps1 および agent\uninstall-agent-remotely.ps1 を参照してください。
  • セキュリティ上の理由から、Windows Vista のサポートを中止しました。現在サポートしている最古バージョンは Windows 7 です。(Windows Vista のサポートが必要な場合は、引き続きバージョン 12.4 の使用をお勧めします。)
  • その他、ウェブコンソール、デスクトップアプリ、エージェントで多数の改善・修正を行いました。

7日間ご利用いただける試用版のダウンロードができますので、ぜひお試し下さい。

端末監視ソフトウェアのSoftActivity TS Monitor(日本語版)をリリースしました

SoftActivity TS Monitor は、サーバ端末監視ソフトウェアで、ネットワーク上の 複数のWindows Server端末や、その上で稼働するCitrix XenApp、Microsoft Remote Desktop Services (RDS)などのターミナルサーバ環境でのアクティビティを1画面でリアルタイムに表示し、その通信を記録することができます。

テクノブレストでは、この製品の日本語版を開発元である Deep Software Inc. と共同で開発し、総代理店として販売を始めました。

SoftActivity TS Monitor では以下のことができます。

  • Windows ServerやTerminal Serverを使用するユーザーを監視します。
    Windowsリモートデスクトップサービス、Citrix XenApp アプリケーション、およびそのデスクトップを監査します。
  • 訪問したWebサイトをログに記録します。
    ユーザの活動レポートを表示し、アクションを実行することができます。
  • ユーザが設定した会社の運用ポリシーに違反した場合、即座にアラートを送信できます。
  • 電子メール、IMチャット、その他の職場でのコミュニケーションを記録します。
  • ユーザーアクティビティを示すレポートを生成します。
  • 週ごとのアクティビティレポートを生成します。
  • テレワーク対応のために持ち出した端末でもログ取得できます。

7日間ご利用いただける試用版のダウンロード ができますので、ぜひお試しく下さい。

ActiveXperts Network Monitor 2021をリリースしました

ActiveXperts Network Monitor 2021は、システム上の問題を自動検出して修正することで、本番サーバー環境やアプリケーションの信頼性を最大化することを可能にするActiveXperts Network Monitorの最新バージョンです。 本製品は、Windows 2019/2016/2012/2012(R2)/2008(R2)/10/8/7プラットフォーム上でサービスとして動作し、旧バージョンで作成された任意の設定データベースとの互換性があります。

ActiveXperts Network Monitor 2021 の新機能

Web Access

  • Microsoft Web Server (IIS)がインストールされていなくても、ActiveXperts Web Accessのインストール/設定ができるようになりました。ActiveXperts Web Access設定ツール」から、Microsoft Windows ServerにWeb Server (IIS)をインストールして設定するPowerShellスクリプトを一度に起動できるようになりました。
  • Webアクセスの設定が格段に簡単になりました。Web Server (IIS) で新しいサイトを作成したり、Web Server (IIS) で既存のサイトを参照したりするのが簡単になりました。
  • ActiveXperts Web Accessでは、多くのCSSスタイルの改善とjQueryの最適化が行われています。
  • ActiveXperts Web Access を通じてグラフを表示できるようになりました。これにより、どのような(モバイル)デバイスからでも、すべての監視データをグラフで表示できるようになりました。
  • ActiveXperts Web Accessでは、v.2015で初めて導入されたXSLベースのカスタムWebインターフェースが再導入されました。v.2019ではjQuery駆動の「ActiveXperts Web Access」ソリューションに置き換えられました。
  • v.2021では、v.2015スタイルのXSLベースのWebインターフェースが復活し、「ActiveXperts Web Access」と同時に実行されます。
  • ActiveXperts Web Access」には、チェックに失敗した後に何をすべきかを指示するために顧客がよく使用する「メモ」フィールドが追加されました。
  • Windows 2019 IIS 10のネイティブサポート。

Configuration

  • 1つのインストールあたりの最大チェック数を16384に増やしました。これまでの最大値は8192でした。
  • 設定データベースのロックを改善しました。
  • 構成データベースのロード時間を改善しました。
  • 設定データベースのロックを追跡できるようになりました。ログファイルで、どのモジュールがどのくらいの時間ロックを待っているかを正確に確認できるようになりました。これにより、管理者は、接続が遅いリモートクライアントが存在し、コンフィグレーションデータベースのパフォーマンスが低下している場合のトラブルシューティングが可能になりました。

Manager

  • 最新のWindows 2019サーバープラットフォームで、マネージャの監視ビューでのアップデートのちらつきを軽減しました。
  • Managerのパフォーマンスが向上しました。設定はバックグループのデータベースから別スレッドで読み込まれ、パフォーマンスが高速化されます。
  • MRU(直近で使用された)選択ボックスからホスト名/IPを選択する機能を追加しました。これにより、毎回ホスト名/IPを選択する手間が省けます。
  • ツリービューからフォルダIDを直接表示するために、マネージャに新しいフラグを追加しました。
  • プロパティの貼り付け’コマンドで選択したチェックにホスト名/IPアドレスを貼り付けるオプションを追加しました。
  • 修正: 作成されたばかりの新しいフォルダに手動でフォルダを移動すると、マネージャアプリケーション(AxNmManager.exe)がクラッシュすることがありました。
  • 修正: 5,000以上のチェックを持つ構成で、マネージャがクラッシュすることがありました。
  • 修正: 複数のスケジュールをチェックすると、エンジンの予想通りのスケジュールが表示されますが、マネージャには最初のスケジュールしか表示されないという問題がありました。

Password Depot 15 をリリースしました

パスワード管理ソフトウェアの最新版 Password Depot 15 の販売を開始しました。今回のアップデートでは、これまでの機能に加えて、以下の機能が改善、追加されています。

  • 論理演算子と関係記述をサポートした検索機能を改良しました。
  • 自動入力機能を改良・拡張しました。パスワードやユーザー名をショートカットキーで直接フィールドに挿入できるようになりました。
  • メニューとショートカットを使ったウィンドウのドッキングと配置をサポートしました。
  • リストや検索結果に期限切れのエントリを表示/非表示するための新しいオプションを追加しました。
  • アイコンのデザインを一新。アイコンをカラーとモノクロから選択できるようになりました。
  • テーマを改良し、HighDPI をサポートしました。
  • すべてのエントリタイプにカテゴリを設定できるようになりました。
  • ドラッグ&ドロップによるユーザー定義のソートが可能になりました。
  • オフラインモードでEnterpriseサーバーによってデータベースが開かれた場合、ユーザーにメッセージが表示されます。これは、[オプション] – [警告] で無効にすることもできます。メッセージは、Enterprise サーバーにログオンしているが、管理者によってデータベースが割り当てられていないユーザーに表示されます。
  • 項目のプロパティの [コメント] フィールドがダイアログボックスの下部全体を埋めるようになり、読みやすくなりました。
  • 自動入力やパスワードの提案などのアクションのための新しいカスタムマウスカーソルが追加されました。
  • データベースをエクスポートした後、Windows エクスプローラで表示できるようになりました。
  • グローバルなユーザー定義フィールドの順序を手動で設定できるようになりました。
  • ユーザー定義フィールドがすべてのエントリで使用できるようになりました。
  • ユーザー定義シンボルを文書タイプでも選択できるようになりました。
  • 銀行およびクレジットカードタイプのIBANフィールドがより見やすく表示されるようになりました。
  • ECカード」の項目が「銀行」に改名され、このタイプのさらなる改善が行われました。
  • パスワードジェネレータの要素の配置が改善されました。
  • 外部ファイルを削除する機能を最適化し、注意点をまとめました。

SoftActivity Monitor 12.4 をリリースしました

SoftActivityは、多くの組織の従業員の生産性を向上させることを支援しているユーザー・アクティビティ・モニタリング(UAM)ソリューションであるSoftActivity Monitorのバージョン12.4のリリースを発表しました。

これまでに多くの要望があった、従業員のアイドルタイムが把握できるようになり、特に在宅勤務の課題を抱えるリモート・チームの生産性向上に貢献します。

バージョン12.4の新機能

アイドルタイムのトラッキング。ウェブコンソールのアテンダンス・ビューから、ユーザーがどれくらいの時間、端末から離れていたか等のアイドル間隔が表示されるようになりました。これにより、従業員がコンピュータから離れているか、実際に仕事をしているかを追跡することができます。モニターアプリの[すべてのエージェント] – [プロパティ] – [モニタリング]タブから、アイドル時のタイムアウトを分単位で調整することができます。デフォルトのアイドルタイムアウト値は5分です。

ウェブコンソールのアテンダンス・ビュー。開始時間と終了時間を手動で選択するのではなく、セッションボタンをズームして、作業日に素早く切り替えられるようになりました。

修正: [ウェブコンソール] 古いログのクリーンアップの際、以前のバージョンでは、サーバーに多くのRAMを必要とし、場合によっては失敗する可能性がありましたが、今回、改善されています。

修正: その他の細かい修正と改善をしています。

USBストレージデバイスの使用を無効にする方法

SoftActivity の機能についての問い合わせの中で、時々「USB接続するストレージデバイスを無効にしたい」というご要望があります。SoftActivity Monitor 自体は、USBストレージにファイルがコピーされたという情報は記録しますが、コピー操作自体を禁止する機能は含まれていません。

このような制限設定をしたい場合には、いくつかの方法がありますが、対象がWindows端末の場合には、まずはレジストリ設定の変更を試してみて下さい。

  • レジストリエディタを起動するために、regedit を実行
  • Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\USBSTOR というキーを探し、”Start”という名前のDWORD値を見つける
  • Startのデフォルト値は”3”です。その値を”4”に変更
  • 変更が有効になるようにWindows 10を再起動する

この設定変更により、USBストレージデバイスが端末に接続できなくなり、結果としてUSBストレージデバイスが使用できなくなります。なお、この変更では、USBストレージデバイスの使用を無効にするだけで、端末に USB 経由で接続されているマウス、キーボード、プリンタ等の使用には影響しません。

管理対象の端末が多い場合には、この方法以外にも、Active Directory のグループポリシー設定で変更する方法や、上記のレジストリ変更をスクリプトにして一括処理をする方法などがあります。