ActiveXperts Network Monitor 2022をリリースしました

ActiveXperts Network Monitor 2022をリリースしました。詳細に関しては、こちらのリリースノートをご覧ください。

ActiveXperts Network Monitor 2022 は、ActiveXperts Network Monitor 製品の最新版です。本製品のミッションは、問題や異常の自動検出と自動修正を通じて、本番サーバーやアプリケーションの信頼性を最大化することで、 Windows 2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/11/10/8/7 のプラットフォーム上でサービスとして動作します。

ActiveXperts Network Monitor 2022は、以下のサイトから試用版のダウンロードができます。またこの試用版は、15チェックまでであれば機能制限なく、継続的に無償でご利用いただけます。是非、お試しください。

CompleteFTP 22.0をリリースしました

CompleteFTP 22.0が2月1日にリリースされました。今回のリリースの重要な変更点は、CompleteFTPが64ビットのWindowsアプリケーションになったことです(32ビットのWindows上では動作しません)。また、64ビットアプリケーションの実行ファイルはWindowsの32ビット実行ファイルと異なるディレクトリにあるため、ファイアウォールのルールを更新する必要がある場合があります。ディスク上の場所によって CompleteFTP のアクセスを許可するファイアウォールでは、 C:\Program Files (x86) ではなく、C:\Program Files を使用する必要があります。64ビットアプリケーションのため、以前のバージョンよりも多くのメモリーを使用しています。

その他、22.0では多くの変更と修正を行いました。インストーラは、アップグレードプロセスの一部としてアンインストーラを実行するよう強制することはなくなりました。また、設定用のデータベースは、SQL Server CompactからSQLiteに変更しました。これは、EOLになったデータベースへの依存をなくし、将来的にCompleteFTPが他のプラットフォームで動作するようにするための環境準備にもなります。

FTPとFTPSについては、ホワイトリスト化されたIPアドレスからのデータ接続を受け入れる機能が追加されました。これにより、Azureファイアウォールを含む、SNATの使用を必要とするアクティブ/アクティブ ファイアウォールの内側で、CompleteFTPを動作させることができます。また、FTPの不明なコマンドの処理も改善されました。FTPSでは、PCI DSSの要件に準拠していないTLSの楕円曲線(暗号)を無効にしました。

SFTP と SSH について、新しい OpenSSH 秘密鍵フォーマットのサポートと、PuTTY フォーマットの ECDSA 秘密鍵のサポートを追加しました。また、特定のマシンで PVK 形式の秘密鍵ファイルを開くことができない問題を修正しました。

その他の変更点としては、ファイルマネージャにおける iOS サポートの改善、Standard Edition への高度な権限モデルの追加、ファイル名フィルタにおける正規表現のサポート(’regex:’ 接頭辞を使用)などを行いました。

CompleteFTP 22.0 は、全ての機能を30日間お試しいただけます。試用版のダウンロードは、こちらをご覧ください。

SoftActivity、Windows 11とWindows Server 2022に対応したバージョン12.7をリリースしました

内部脅威の検知や従業員の生産性追跡に利用されているユーザ監視ソフトウェア「SoftActivity Monitor」と「TS Monitor」の新バージョン12.7をリリースしました。

SoftActivity Monitorでは、Windows 11とWindows Server 2022のサポートを追加しています。エージェント・クライアントとモニタ・ソフトを、Windows 7以降のすべてのバージョンのWindowsにインストールすることができます。

SoftActivity TS Monitor では、Windows Server 2022 のサポートを追加しました。Windows Server 2008 R2 以降のすべてのバージョンの Windows Server でユーザセッションを記録できるようになりました。

(*) バージョン 12.7 のその他の変更点

  • エージェント (SoftActivity Monitor Client App) のセットアップ プログラムは、UI にオプションと説明が追加され、より直感的に操作できるようになりました。これにより、管理者は、画面上に警告を表示して、監視対象のユーザに対してエージェントを警告(可視)モードでインストールすることができます。画面上の警告は、管理者がモニターアプリからオン/オフを切り替えることができます。
  • コマンドラインからのサイレントインストールやリモートインストールも引き続きサポートされており、エージェントを隠しモードでインストールすることができます。
  • 最新のウェブブラウザのサポートを含む、細かな修正や改善を行いました。

今週はInterop Tokyo

今週の水曜日から、Interop Tokyo 2018 ですね。
着々と(?)準備を行い、なんとか週末には準備完了となりました。

弊社ブースは、Interop Pavilion 小間番号:4Y10 となります。
WinGateとDirectory Monitorのデモンストレーションをご用意しておりますので、Interopにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

時間が許せば、私も会場内を見学して、最新の動向や製品を見てきたいと思っています。
先日もこのブログで書きました、5G通信を始め2020年に向けて様々な取り組みや最新機術が形になってきているようです。
新しい技術や動向に触れて、私自身もアップグレード(?)したいと思います。

そんなわけで、今日はこの辺で。

従業員その1のブログを開始してみます

遅まきながら、新年度に突入ということで従業員ブログを始めてみます。
製品の活用方法から日々の雑多など、個人的な主観で綴ってまいりたいと思います。
会社のWeb内ですが、あくまで一従業員の個人的なブログということで、ご容赦ください。

簡単な自己紹介としては、四十路中盤の男性が書いております。

誤った内容や誤字などがありましたら、お許しください。